【改善提案が思いつかないを解決】改善力を上げる3つのコツ

仕事
スポンサーリンク

・会社から改善提案を出すように言われているけど思いつかない

・そもそも改善するところなんてあるのか

・やっぱり発想力がないと思いつかないんだ

これは今では定時退社が当たり前。改善提案で社内表彰を受けたぼくが過去にぶつかっていた壁です。

ぼそお
ぼそお
月末になると「今月も改善ださなきゃ・・・」と胃がキリキリしていました・・・
きんちゃん
きんちゃん
どうやって解決したんや?
ぼそお
ぼそお
3つのコツを実践しただけ!

改善力がない!という方にオススメの方法なので、
アンチ改善にならずにまずは試してみてください。

改善を思いつく3つのコツ

・小さな改善を認める

・ミスを改善に変える

・繰り返し改善する

小さな改善を認める

改善が苦手な人は改善を大きくとらえすぎています。
改善はラスボスに挑むのではなく、スライムを倒すぐらいの感覚でOKです。

“1日かかる作業を1時間でできるようにしました”

たしかにすごいですがそもそもこんなの思いつかないし、改善にかかる労力もヤバそうです。

“5分かかる作業を3分でできるようにしました”

こんぐらいでOKです。2分ですが、大きな2分です。

まずは、自分のなかでこの2分を認めましょう。自信をもって会社に提案すると案外認められます。

くりかえし小さな改善をすると、不思議と大きな改善を思いつくようになりました。

ぼそお
ぼそお
ゲームはじまってすぐラスボスだったら、諦めちゃいますよね・・・
きんちゃん
きんちゃん
スライムからコツコツ倒してレベル上げや!

ミスを改善に変える

仕事をしているとミスって必ず起きますよね。
その時は焦って処理をしても、数か月後にも同じミスが・・・・
「あれ?これ前もあったような・・・」みたいなことってあると思います。

ぼそお
ぼそお
そこで使えるのが“ミスを改善に変える”という技
ミスを改善に変える5つの手順
1.やってしまったミスを思い出す
2.原因を考える
3.同じことが起こらないように考える
4.自分ができる範囲で改善する
5.改善提案を提出

会社も問題が起こるのはリスクなので、こんな流れだと会社にも提案として出しやすいかと思います。

ミスって嫌なものですが考え方ひとつで改善ネタに代わるので、上手に付き合っていきましょう。

きんちゃん
きんちゃん
ミスったら改善ネタになると思ったら少し楽になるな!

繰り返し改善する

きんちゃん
きんちゃん
もう改善するところないで~!
ぼそお
ぼそお
同じ作業や場所を繰り返して改善してもOKです。

ありがちですが、改善提案を繰り返しだすと見る前から「また同じところを改善か・・何が変わったの?」みたいなこと言われます。

なので、同じ場所の改善は連続で出さないようにしてください。2カ月たてば人間忘れてしまいまうので、うまく時間を空けて改善を提出していきましょう。

ぼそお
ぼそお
改善に終わりはないので、自分の業務範囲はなんかいも改善していこう。

3つのコツを見えるところに書いておこう

・小さな改善を認める

・ミスを改善に変える

・繰り返し改善する

ぼくは仕事でつかう手帳に書いていて、すぐに見れるようにしています。

だいたいのことは大事なことでもすぐに忘れてしまいますからね。

改善のアイデアを思いつきたい人にオススメする参考書籍

きんちゃん
きんちゃん
3つのコツは分かった。けど改善のアイデアをもっと思いつきたいで!
ぼそお
ぼそお
考える道具をもったらもっと思いつきますよ~!

ぼくはこちらの書籍で繰り返し勉強と実践をしています。

created by Rinker
¥1,650 (2021/10/17 12:51:47時点 楽天市場調べ-詳細)

考えるための具体的な方法が書かれているので、実践しやすい内容になっています。

【合わせて読みたい】
アイデアが出ない理由は考える道具を持っていないだけ!【アイデアを出す3つの方法】

コメント

タイトルとURLをコピーしました