【音のでる絵本♬わくわくおうたえほんをレビュー】手遊びが苦手なパパママにオススメ

子育て
スポンサーリンク

・バーゲン本で50%OFFだから買おうか迷っている・・・

・子どもと2人の時にどうやって遊んだらいいか分からない・・・

・子どもが1人でも遊べる本はないかな・・・

・自分が童謡を知らないので歌ってあげれない・・・

当記事では1歳6か月のむすこに買って感じた3つのことを紹介します。

3つの良かった点

・親子で遊べる

・子ども1人でも遊べる

・親が知らない曲が収録されている

親子で遊べる

わくわくおうたえほんには全12曲が入っていて、全て手遊びができる曲なので親子で楽しめます。

1.どんぐりころころ
2.むすんでひらいて
3.とけいのうた
4.うさぎのダンス
5.いとまき
6.いっぽんばし こちょこちょ
7.アブラハムのこ
8.あたまかたひざポン
9.グーチョキパーでなにつくろう
10.おおきなくりのきのしたで
11.たまごのうた
12.きしょポッポ

ぼくも手遊びとか知らないし、やったことがなかったですが一緒にやってみると大喜びでした。

子どもはお母さん、お父さんとのスキンシップが大好きです。
一緒に絵本を見ながら、うたを聞きながら、一緒に歌いながら楽しい時間になること間違いなしです。

始めはメジャーな、あたまかたひざポン、むすんでひらいてをやってみて、子どもがよろこんでくれるのを見つけるのがいいかと。

ぼそお
ぼそお
手遊びのやり方は事前に調べときましょう!

子ども1人で遊べる

これは子育てちゅうのママパパにはかなり重要ですね。

わくわくおうたえほんは作りがシンプルなので、小さい子ども操作がかんたんで1人で遊べます。

1歳6か月のむすこは電源スイッチがまだできないので、スイッチは親が入れます。そこからは自分でスイッチを押して音楽をニコニコ楽しんでいます。

親の準備時間や、ごはんの準備などの少しでも時間を確保したいときに1人遊びをしてくれるので助かっています。

親の知らない曲が入っている

意外に嬉しかったのが、親が知らない曲が入っていることです。

子どもと接する中で、親が伝えられることは親がしっていることなんですよね。

ぼくは12曲中5曲しか知っている曲がなかったので、子どもと一緒に知れてよかったと感じました。

まとめ

・親子で遊べる

・一人で遊べる

・親が知らない曲が入っている

親子のスキンシップが大事なのは分かっているけど、遊び方がいまいち分からないとか。

そもそもぼくみたいに、手遊びを知らなかったら遊べません。

自分じしんが手遊びに興味をもつきっかけになる絵本です。

バーゲン本なので50%OFFで買えます。

合わせて読みたい

オススメの絵本とバーゲン本の買い方も解説しています。
【誰でもできる】絵本を半額より安くゲットする方法

コメント

タイトルとURLをコピーしました